ガードルの効果なし?!理由は間違った選び方と履き方にあった!

ボディラインを美しく整え、ヒップの揺れを小さくするのはもちろん、ダイエットのサポートアイテムとして活躍してくれるガードル。

ガードルの効果を得るには、自分に合ったサイズで、正しく着用するのが鉄則なのですが、着用しているうちに劣化していくものです。

また、ダイエット中に限らず、加齢などにより体型は変化していってるので、何か違和感を感じるなら、ガードルを見直していきましょう。

今回はガードルの見直しポイントをご紹介します。

ガードル着用時の5つのチェックポイント

ガードルを正しい着用したら、フィッティング状態もチェック。

下記のポイントを押さえて、確認してみてください。

  • ウエストの状態・・・ゆるすぎたり、くいこんで段になったりしていないか?
  • ウエストの位置・・・ボディのウエスト位置にあり、前後で水平になっているか?
  • ヒップの状態・・・押しつぶさず、きれいにヒップアップしているか?
  • クロッチ部分の状態・・・浮いたり、くいこんだりしていないか?
  • すその状態・・・すそがめくれたり、ずれ上がったりしていないか?

一つでも当てはまったら、ガードルの見直しが必要です。

 

ガードルの違和感の原因と対策

それぞれ感じるガードルの違和感な原因と対策をご紹介します。

 

ガードルの違和感①ウエストがくい込む

原因
①サイズが小さい
②体型や肌のやわらかさに対して、ウエスト部分のパワーが強い
③ガードルのウエスト部分がボディのウエストより低い位置にある
対策
①1サイズ大きいものにする
②ウエスト部分のパワーが弱いものにする
③はきこみ丈が深いガードルや、ハイウエストのガードルを着用してみる

 

ガードルの違和感②ウエストがゆるい

原因
①サイズが大きい
②体型や肌のやわらかさに対して、ウエスト部分のパワーが弱い
③はきこみ丈が深すぎる
対策
①1サイズ小さいものにしてみる
②ウエスト部分のパワーが強いものにしてみる
③はきこみ丈が浅いものにしてみる

 

ガードルの違和感③後ろ身ごろが上がる

原因
①サイズが大きい
②ヒップが扁平だと、後ろ身ごろが上がりやすい
対策
①1サイズ小さいものにしてみる
②はきこみ丈が浅いものにしてみる

 

ガードルの違和感④はきこみ丈が足りない

原因
①サイズが小さい
②体型に対してはきこみ丈が浅いと厚みのある体型や長身の場合は、はき込み丈が足りなくなることがある
対策
①1サイズ大きいものにしてみる
②はきこみ丈が深いガードルや、ハイウエストのガードルを着用してみまる

 

ガードルの違和感⑤ヒップ部分があまる、たまる

原因
①サイズが大きい
②着用時、ボトムに手を入れヒップをきちんとおさめていない、または、後ろ身ごろの引き上げが弱い
③ヒップが扁平だとたるみやすい
対策
①サイズを小さくしてみる
②着用方法を確認する(こちらからチェック)
③ヒップが扁平な方は、ヒップ部分が立体的すぎないものを着用してみる

 

ガードルの違和感⑥ヒップが裾からはみだす(ショートタイプの場合)

原因
①サイズが小さい
②正しいはき方で着用していない
③体型や肌のやわらかさに対して、脚ぐりのパワーが強すぎる
④はきこみ丈が浅すぎる
対策
①サイズを大きくしてみる
②着用方法を確認する(こちらからチェック)
③脚ぐりのパワーが弱いものにしてみる
④はきこみ丈が深いものを着用してみる

 

ガードルの違和感⑦クロッチ(股布)がくいこむ

原因
①サイズが小さい
②体型や肌のやわらかさに対して、はき込み丈が浅いため、無理に引き上げるとクロッチがくいこむ
対策
①サイズを大きくしてみる
②はきこみ丈が深いものを着用してみる

 

ガードルの違和感⑧裾に段差ができる(ロングガードル の場合)

原因
①サイズが小さい
②体型に対して、裾丈が短い
③体型や肌のやわらかさに対して、裾まわりのパワーが強すぎる
対策
①サイズを大きくしてみる
②裾丈が長いものを選ぶ
③すそまわりのパワーが弱いものを選ぶ

 

ガードルの違和感⑨裾にたるみができる(ロングガードル の場合)

原因
①サイズが大きい
②体型に対して裾丈が長すぎる
対策
①サイズを小さくしてみる
②裾丈が短いものを選ぶ

 

ガードルの違和感⑩裾がずれ上がる(ロングガードル の場合)

原因
①サイズが大きい
②正しいはき方で着用していない
対策
①サイズを小さくしてみる
②着用方法を確認する(こちらからチェック)

 

苦しいガードルは効果なし?!ガードルは履き心地が命

ヒップが垂れてくる主な原因は、お尻の脂肪と筋肉をつなぐ筋膜の結合力が弱くなってしまうこと。

筋肉にぴったりと張り付き、走っても飛んでも少しも動かなかったお尻が、筋膜の力が弱くなると少しの動きでもブルブルと大きく動くようになり、お尻の脂肪は下へ下へと垂れ下がってしまうんです。

こうなってしまうと元に戻すことは不可能なので、そうなる前にお尻の揺れを最小限に抑えることが重要になってきます。

そこでガードルの出番!

「ガードル=窮屈で不快」というイメージがあるなら、それは自分に合っていないガードルということ。

本当に効果が得られるガードルは、何もつけていない時よりも穿いていたほうが心地よいと感じるものなんです。

先ほどご紹介したガードルの見極めポイントで、自分に合った履き心地のよいガードルを選びましょう。

ガードル選びを間違えてしまうと窮屈で不快なのはもちろん、ガードル本来の効果が得られないばかりか、服の上から二段ウエストが見て取れたり、二重尻の癖がついてしまったりと、見た目も残念なことに…!

自分のおしりが垂れていないかどうかは、こちらでチェックできるのでのぞいてみてください。

 

まとめ

ガードル選びは選んで終わり…ではなく、常にアップデートが必要です。

消耗品のため、少しでも違和感を感じたなら、それは買い替えのサインだと思って処分しましょう。

おすすめのガードルはこちらで紹介しているので、参考にしてみてくださいね(^ ^)

また、ガードルに頼るばかりではなく、日頃からヒップのアンチエイジングを心がけましょう。

ヒップの老化は、日頃の癖によって、若い人でも垂れてしまうんです。

お尻の形別にNG習慣をまとめてあるので、気になる方はこちらをみて、ヒップの老化を防ぎましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.